MENU
シトヒ
ブロガー
在宅勤務の会社員
趣味・得意分野
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグの開幕は2月23日視聴方法はこちら

【iPhoneの買い替え時期】耐用年数とライフサイクルを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

iPhoneの買い替え時期ってどうやって判断すれば良いの?

機種変更のインターバルを伸ばしたい…!iPhoneの寿命を伸ばす方法は?

お得にiPhoneを購入する方法はある?教えて!

日本でスマホシェアNo.1のiPhoneは、毎年新しいモデルがリリースされるため、買い替えるべきかどうか悩みますよね。

機種変更をするタイミングは人それぞれのニーズによって変わりますが、実は目安とする基準があります。

本記事では、iPhoneの耐用年数とライフサイクルについて、徹底的に解説します。

iPhoneの買い替えタイミングの結論

iPhoneの買い替えは、以下の3点から判断できます。

  • 物理的な劣化
  • iOSのサポート期限
  • バッテリーの劣化状況

この記事を参考にすることで、iPhoneの最適な買い替えのタイミングを自分で判断できます。ぜひ、最後までお読みください。

タップできる目次

iPhone買い替えタイミングの3つの判断基準

iPhoneの買い替え時期を計る指標は3点があります。これらの状況から買い替えるべきかを判断しましょう。

製品の標準的な耐用年数:3年以上

Apple社の公式情報によると、macは4年、iPhone、iPadは3年を標準のライフサイクルとしています。耐用年数はそれ以上有しているので、実質的にiPhoneの寿命は3年以上と考えられます。

1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、・・

https://www.apple.com/jp/environment/answers/

iPhoneを購入後3年以上経つと内部部品の機械的な消耗が進んでいます。そろそろ買い替えを検討する時期となります。

iOSアップデートのサポート

iPhoneのiOSは毎年アップデートされ、最新iOSのサポート対象機種はそのつど周知されます。

最新のiOS16はiPhone8より前の機種はアップデート対象外なので、それ以前の機種をお使いの方は買い替えをご検討ください。

最新のiOSにアップデートしないリスク
  • 各アプリの最新版が使えない可能性がある
  • iOSのセキュリティー強化対策がされない
スクロールできます
iOS14iOS15iOS16
リリース時期2020/92021/92022/9
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11
iPhone Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE (第2世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 13
iPhone 14
各iOSのサポート端末

バッテリーの劣化状況

バッテリーが劣化が進むと次の症状が現れます。これらはバッテリー交換のサインとして捉えてください。

これらの症状があるまま使い続けると、最終的にiPhoneが起動できなくなります。その前にバッテリーの交換や機種変更してください。

バッテリー交換のサイン
  • バッテリー電源の減りが速い
  • バッテリー電源が突然なくなる
  • 充電に時間がかかる(100%にならない)
  • 突然シャットダウンする

バッテリー交換 or 機種変更判断の目安

iPhoneを購入して2年未満の場合バッテリー交換
iPhoneを購入して2年を超えている場合機種変更

バッテリー寿命を伸ばす使い方

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオンが用いられていますが、このタイプのバッテリーは以下の使い方をすることで寿命を伸ばすことができます。

特に、過放電はバッテリー劣化への影響度合いが大きく、大体バッテリー充電残量が20%まで下がったら充電するようにしてください。

バッテリー寿命を伸ばすための使い方
  • 100%の充電を続けない(過充電防止)
  • 0%になるまで使わない(過放電防止)
  • 充電しながらiPhoneを使わない

バッテリーの劣化の確認方法

iPhoneの設定から「バッテリー」を選択し、そこで表示される「バッテリーの状態」を確認することができます。

この機能を使うことで、バッテリーの最大容量やパフォーマンスの状態を確認することができます。

バッテリー容量の状態が80%以下がバッテリーの交換の目安です。

目次に戻る

オススメのiPhone購入方法2選

iPhoneの新機種を購入する際には、最新機種か型落ち機種の価格改訂品に買い替えるか2つの選択肢がありそれぞれメリット・デメリットがあります。

最新機種を購入する

iPhoneの最新機種は毎年9月に発売されます。最新機種を購入するメリット・デメリットはこちら。

型落ちの値下げ機種を購入する

通常、Apple製品は毎年9月の新型iPhoneが販売開始と同時に、旧型が約1万円値下げするのが慣例となっているため、このタイミングを狙うとお得に購入できます。

最近はスマホの進化は鈍化しているので、1年型落ちモデルでも最新機種と全く遜色なく使えます。最新機種へのこだわりがない場合は型落ち品がオススメ。

目次に戻る

お得にiPhoneを購入できるキャンペーン

最新機種iPhone14の価格一覧はこちら。

スクロールできます
アップルドコモKDDIソフトバンク楽天モバイル
128GB119,800円138,930円140,640円140,400円120,910円
256GB134,800円161,480円161,770円161,280円135,900円
512GB164,800円201,740円201,925円201,600円165,900円

楽天モバイルでは、新規の契約限定でのポイント還元キャンペーン中です。初めての方はキャンペーンでお得にiPhoneを入手できます。

\今だけ!初めてなら最大24000円ポイント還元中!/

目次に戻る

まとめ

iPhoneの買い替えインターバルは、次の基準で検討してください。

iPhone買い替えのチェックポイント
iPhoneの物理的な寿命おおよそ3年が寿命の目安
iOSのサポート期限最新iOSの対応機種による
バッテリーの劣化状況バッテリーの容量80%以下が交換の目安

最近のiPhoneは購入から2〜3年間は不自由なく快適に使えるので、逆に買い替えのタイミングを判断するのが難しくなってきていますが、突然起動しなくなるなどのトラブルを回避するため、バッテリーの劣化状況は定期的に確認してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次