MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグは開催中!視聴方法はこちら

タブレット学習の弊害は多い?メリット・デメリットを徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

最近の教育現場では、タブレットを使用した学習が一般的になっています。

デジタル化が進む中、タブレット学習は教育の未来を象徴するものとも言えますが、それには多くのメリットとデメリットが存在します。

この記事では、タブレット学習の利点と潜在的な弊害について、詳細に掘り下げていきます。

タップできる目次

タブレット学習のメリット

タブレット学習は、従来の学習方法にはない多くの利点を提供します。これらの利点は、生徒の学習体験を豊かにし、教育の質を向上させる可能性を秘めています。

以下で、そのメリットをさらに詳しく解説し、具体的な例を挙げていきます。

視覚的な学習が可能

タブレットを利用することで、図表や動画など、視覚的に理解を助ける教材を豊富に活用できます。特に、複雑な概念やプロセスを学ぶ際に、視覚的なサポートは理解を深めるのに非常に有効です。

この点は、従来の教科書やノートだけでは得られない大きな利点と言えるでしょう。

  • インタラクティブな教材: タブレットを使用することで、動画、アニメーション、3Dモデルなど、インタラクティブな教材を活用できます。これにより、生徒はより実践的かつ視覚的に概念を理解することができます。
  • 図表やグラフの活用: 複雑なデータや統計を、図表やグラフを通じて視覚化できます。これにより、生徒は情報を容易に消化し、理解を深めることが可能になります。
  • カスタマイズ可能な学習: 生徒は自分の学習スタイルに合わせて、視覚的な教材をカスタマイズできます。これにより、各生徒のニーズに合わせた個別化された学習が実現します。

学習の自立を促進

タブレット学習は、生徒に自ら情報を検索し、学習のペースを自分で調整する機会を提供します。これにより、自主性や自律性が養われ、生徒が能動的な学習者になる手助けをします。この自立した学習スタイルは、将来的に役立つ重要なスキルを培います。

  • 自己主導型学習: タブレット学習では、生徒は自ら学習内容を選択し、自分のペースで進めることができます。これにより、学習に対する自律性と責任感が養われます。
  • リソースの自由なアクセス: 生徒は必要な情報を自分で検索し、学習リソースに自由にアクセスできます。これにより、問題解決能力や批判的思考力が育成されます。
  • 学習計画の管理: タブレット上のスケジューリングツールを使用して、自分の学習計画を管理できます。これにより、時間管理能力が向上します。

豊富な教材のアクセス性

インターネットに接続されたタブレットは、世界中の豊富な教材へのアクセスを可能にします。最新の研究結果や多様な学問分野における資料に容易にアクセスできることで、学習の幅が大きく広がります。

また、教材の更新や追加が容易であるため、常に最新の情報を学習することができるというメリットがあります。

  • 最新情報の取得: インターネットに接続されたタブレットを通じて、最新の学習資料や研究にアクセスできます。これにより、常に最新の情報を学習することが可能です。
  • 世界中の教材へのアクセス: 異なる文化や言語の教材にアクセスすることで、国際的な視野を持つことができます。これは、グローバル化する社会で重要なスキルです。
  • 多様な学習スタイルに対応: タブレット学習は、テキスト、オーディオ、ビジュアルなど、多様なフォーマットの教材を提供します。これにより、各生徒の学習スタイルに合わせた教育が実現します。

学習の効率化

タブレットを使用することで、様々なアプリケーションを活用して学習プロセスを効率化できます。

さらに、手書きのメモから電子メモへの移行により、情報の整理や共有が簡単になるため、学習効率が向上します。

  • 即時フィードバックの提供: 教育アプリケーションを使用することで、クイズやテストの結果を即座に得ることができます。これにより、生徒は自分の理解度をリアルタイムで把握し、必要に応じて学習を調整できます。
  • 情報の簡単な整理と共有: タブレットを使用して、ノートや資料をデジタル形式で簡単に整理し、他の生徒や教師と共有できます。これにより、学習の協力とコラボレーションが促進されます。
  • 様々な学習ツールの活用: タブレットには、辞書、計算機、言語学習アプリなど、学習をサポートする様々なツールが搭載されています。これにより、学習プロセスがさらに効率化されます。

目次に戻る

タブレット学習のデメリット

タブレット学習は多くのメリットを提供する一方で、注意すべきいくつかのデメリットも存在します。

これらのデメリットを理解し、適切に対処することで、タブレット学習の効果を最大化し、潜在的な問題を最小限に抑えることができます。

以下に、そのデメリットを詳しく解説し、具体的な対処法についても触れます。

目への負担

タブレットの画面を長時間見続けることは、目に大きな負担をかける可能性があります。

ブルーライトの影響による眼精疲労やドライアイなど、視力への悪影響が懸念されています。

  • 長時間の画面使用: タブレットの長時間使用は、目の疲れやブルーライトによる眼精疲労の原因となります。これは、特に発達途中の子どもたちにとって懸念される問題です。
  • 適切な休憩の欠如: 連続して画面を見続けることで、適切な休憩を取らずに目を酷使してしまうリスクがあります。
    • 対策: 20-20-20のルール(20分ごとに20秒間、20フィート(約6メートル)先を見る)の実践、画面の明るさ調整、ブルーライトフィルターの使用などが効果的です。

集中力の低下

タブレットは多くの誘惑を含んでおり、学習以外のアクティビティに気が散りやすくなることがあります。

ゲームやSNSなど、学習に関係ないアプリケーションへのアクセスが容易なため、集中力が低下するリスクがあります。

  • 多様な誘惑: タブレットには、学習アプリ以外にもゲームやSNSなどの誘惑が多く存在します。これにより、学習に集中することが難しくなることがあります。
  • 短い注意スパン: デジタルデバイスの使用は、情報を断片的に収集する傾向を強化し、長期間集中する能力を低下させる可能性があります。
    • 対策: 学習管理アプリの使用、学習時間と休憩時間の明確なスケジューリング、学習環境の整備が有効です。

情報の取り扱いに関するリスク

タブレット学習では、個人情報や重要なデータを扱うことがあります。

サイバーセキュリティのリスクや誤って情報を共有してしまう可能性もあるため、情報の管理と保護には十分な注意が必要です。

  • セキュリティ問題: タブレットを介してアクセスされる教材や個人情報は、不正アクセスやデータ漏洩のリスクにさらされます。
  • 誤った情報へのアクセス: 正確でない情報や不適切なコンテンツに簡単にアクセスできてしまう問題があります。
    • 対策: セキュリティソフトウェアのインストール、パスワード管理の徹底、信頼できる情報源からのみ情報を得るよう指導することが重要です。

対人スキルの欠如

タブレットを使用した学習が中心となると、対面でのコミュニケーション機会が減少する可能性があります。これにより、対人スキルやチームワークの能力が育ちにくくなる恐れがあります。

  • 限られた対面コミュニケーション: タブレット学習の増加により、対面でのコミュニケーション機会が減少し、対人スキルの発達に影響を与える可能性があります。
  • 感情認識能力の低下: デジタルコミュニケーションでは、感情の細かいニュアンスを読み取る能力が養われにくいことが指摘されています。
    • 対策: 定期的なグループ学習の機会を設ける、対面での活動を積極的に取り入れる、コミュニケーション技術を教育カリキュラムに組み込むことが効果的です。

目次に戻る

結論|タブレットの弊害を理解して使用すること

タブレット学習は、視覚的な学習の促進、学習の自立、豊富な教材へのアクセス、学習の効率化など多くのメリットを提供します。

しかし、目への負担、集中力の低下、情報の取り扱いに関するリスク、対人スキルの欠如など、考慮すべきデメリットも存在します。

これらの弊害を理解し、適切な対策を講じることで、タブレット学習の効果を最大限に引き出しつつ、リスクを最小限に抑えることが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次