MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【7/26】パリオリンピックの開会式視聴方法はこちら

ロードレース『ツール・ド・フランス』の過去第110回の歴史

当ページのリンクには広告が含まれています。

ツール・ド・フランスは、世界で最も有名な自転車レースの一つです。

その歴史は1903年に遡り、数多くのドラマと英雄たちを生み出してきました。

この記事では、ツール・ド・フランスの過去110回の歴史と各時代の優勝者たちについて詳しく振り返ります。

タップできる目次

ツール・ド・フランスの歴史

ツール・ド・フランスは、フランスの新聞「ロト」の販売促進の一環として始まりました。

最初のレースは1903年に開催され、21人の参加者の中からモーリス・ガランが優勝しました。

このセクションでは、ツール・ド・フランスの初期から2010年代までの優勝者とその背景について詳しく見ていきます。

1903-1919年

1903年から1919年は、ツール・ド・フランスの初期の歴史であり、多くの革新と困難がありました。

戦争の影響もありましたが、レースは続けられました。

第1回|優勝:モーリス・ガラン

1903年に開催された第1回ツール・ド・フランスでは、フランス人のモーリス・ガランが優勝しました。彼は、初代チャンピオンとして歴史に名を刻みました。

第2回|優勝:アンリ・コルネ

1904年の第2回大会では、アンリ・コルネが優勝しましたが、後に不正行為が発覚し、彼の勝利は論争の的となりました。

第3回|優勝:ルイ・トゥルスリエ

1905年には、ルイ・トゥルスリエが優勝しました。この年からレース形式が変更され、現在のステージレースの形式に近づきました。

第4回|優勝:ルネ・ポティエ

1906年の優勝者はルネ・ポティエで、彼はレースを支配し、圧倒的な力を見せました。

第5回|優勝:リュシアン・プティ=ブルトン

1907年にはリュシアン・プティ=ブルトンが優勝し、その翌年も連覇を達成しました。

第6回|優勝:リュシアン・プティ=ブルトン

1908年もリュシアン・プティ=ブルトンが連覇し、初の2連覇チャンピオンとなりました。

第7回|優勝:フランソワ・ファベール

1909年には、フランソワ・ファベールが勝利を収めました。彼はルクセンブルク出身で、ツール・ド・フランスの歴史に新しいページを加えました。

第8回|優勝:オクタブ・ラピーズ

1910年には、オクタブ・ラピーズが優勝しました。この年からピレネー山脈のステージが追加され、レースの難易度が一気に上がりました。

第9回|優勝:ギュスタヴ・ガリグー

1911年の優勝者はギュスタヴ・ガリグーでした。彼はこの時代のトップライダーの一人であり、厳しい山岳ステージでその力を発揮しました。

第10回|優勝:オディル・ドフレイエ

1912年には、オディル・ドフレイエが優勝しました。この年のレースも厳しい戦いとなり、彼の勝利は多くのファンに記憶されています。

第11回|優勝:フィリップ・ティス

1913年にはフィリップ・ティスが優勝し、その翌年も連覇を達成しました。彼は初のベルギー人チャンピオンとなり、その後も多くのベルギー人ライダーが続くことになります。

第12回|優勝:フィリップ・ティス

1914年もフィリップ・ティスが連覇し、彼の強さを証明しました。彼の戦術とパフォーマンスは多くのライバルたちを圧倒しました。

第13回|優勝:フィルマン・ランボー

1919年には、フィルマン・ランボーが優勝しました。第一次世界大戦後、再びレースが開催されました。この年からは「マイヨ・ジョーヌ(黄色いジャージ)」が導入され、総合リーダーを示す象徴となりました。

1920-1939年

1920年から1939年は、ツール・ド・フランスがさらなる発展を遂げた時代です。

多くの新しい選手が登場し、レースは国際的な注目を集めるようになりました。

第14回|優勝:フィリップ・ティス

1920年の優勝者はフィリップ・ティスでした。彼は3度目の優勝を果たし、ツール・ド・フランスの歴史に大きな足跡を残しました。

第15回|優勝:レオン・シウール

1921年にはレオン・シウールが優勝しました。彼の勝利は、フランス国内での自転車レース人気をさらに高めました。

第16回|優勝:フィルマン・ランボー

1922年の優勝者は再びフィルマン・ランボーでした。彼の強さと耐久力は、ツール・ド・フランスの過酷な条件で際立ちました。

第17回|優勝:アンリ・ペリシエ

1923年にはアンリ・ペリシエが優勝しました。彼はその年のレースで見事な走りを見せ、多くのファンを魅了しました。

第18回|優勝:オッタビオ・ボテッキア

1924年にはイタリア人のオッタビオ・ボテッキアが優勝し、翌年も連覇しました。彼はツール・ド・フランス初の外国人連覇者となり、その名を歴史に刻みました。

第19回|優勝:オッタビオ・ボテッキア

1925年もオッタビオ・ボテッキアが連覇しました。彼の連覇は、イタリアの自転車競技界にとって大きな誇りとなりました。

第20回|優勝:ルシアン・ビュイス

1926年の優勝者はルシアン・ビュイスでした。彼の勝利は、ツール・ド・フランスの多様な挑戦を乗り越えた結果でした。

第21回|優勝:ニコラ・フランツ

1927年にはルクセンブルク人のニコラ・フランツが優勝し、翌年も連覇しました。彼の力強い走りは、多くのライバルを圧倒しました。

第22回|優勝:ニコラ・フランツ

1928年もニコラ・フランツが連覇しました。彼の連続優勝は、彼の卓越した才能と強さを証明しました。

第23回|優勝:モリス・デワール

1929年の優勝者はモリス・デワールでした。彼の勝利は、彼のキャリアの中でも特に輝かしいものでした。

第24回|優勝:アンドレ・ルデュック

1930年にはアンドレ・ルデュックが優勝しました。彼はフランスの自転車競技界における新たなスターとなりました。

第25回|優勝:アントナン・マーニュ

1931年にはアントナン・マーニュが優勝しました。彼の勝利は、フランスの自転車競技史において重要な位置を占めています。

第26回|優勝:アンドレ・ルデュック

1932年もアンドレ・ルデュックが優勝しました。彼の連覇は、その年のレースを通じての一貫した強さを示しています。

第27回|優勝:ジョルジュ・スペシェ

1933年にはジョルジュ・スペシェが優勝しました。彼の勝利は、フランスの自転車競技界に新たなスターをもたらしました。

第28回|優勝:アントナン・マーニュ

1934年もアントナン・マーニュが優勝しました。彼の再度の勝利は、その強さと技術を証明しました。

第29回|優勝:ロマン・マース

1935年にはロマン・マースが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した才能を示しています。

第30回|優勝:シルベール・マース

1936年にはシルベール・マースが優勝しました。彼の勝利は、ツール・ド・フランスの厳しい条件を克服した結果です。

第31回|優勝:ロジェ・ラペビー

1937年にはロジェ・ラペビーが優勝しました。彼の勝利は、彼の努力と決意の成果です。

第32回|優勝:ジーノ・バルタリ

1938年にはイタリア人のジーノ・バルタリが優勝しました。彼の勝利は、イタリアの自転車競技界にとって大きな誇りとなりました。

第33回|優勝:シルベール・マース

1939年には再びシルベール・マースが優勝しました。彼の連覇は、彼の卓越した才能と強さを証明しました。

1947-1959年

第二次世界大戦後、ツール・ド・フランスは再び開催され、戦後の復興と共に多くの新しいヒーローたちが誕生しました。

第34回|優勝:ジャン・ロビック

1947年にはジャン・ロビックが優勝しました。彼の勝利は、戦後のフランスに希望と喜びをもたらしました。

第35回|優勝:ジーノ・バルタリ

1948年には再びジーノ・バルタリが優勝しました。彼の勝利は、彼の国際的な名声をさらに高めました。

第36回|優勝:ファウスト・コッピ

1949年にはファウスト・コッピが優勝し、その翌年も連覇しました。彼はその卓越した技術と強さで、多くのファンを魅了しました。

第37回|優勝:フェルディナント・キュプラー

1950年にはフェルディナント・キュプラーが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第38回|優勝:ユーゴ・コブレ

1951年の優勝者はユーゴ・コブレでした。彼の勝利は、彼の卓越した能力を示しています。

第39回|優勝:ファウスト・コッピ

1952年には再びファウスト・コッピが優勝しました。彼の二度目の勝利は、彼の卓越した技術と強さを証明しました。

第40回|優勝:ルイゾン・ボベ

1953年にはルイゾン・ボベが優勝し、その後3連覇を達成しました。彼の勝利は、フランスの自転車競技史において重要な位置を占めています。

第41回|優勝:ルイゾン・ボベ

1954年もルイゾン・ボベが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第42回|優勝:ルイゾン・ボベ

1955年もルイゾン・ボベが優勝しました。彼の三連覇は、ツール・ド・フランスの歴史において重要な記録です。

第43回|優勝:ロジェ・ワルコビャック

1956年にはロジェ・ワルコビャックが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第44回|優勝:ジャック・アンクティル

1957年にはジャック・アンクティルが優勝しました。彼はその後、ツール・ド・フランスで多くの勝利を収めることになります。

第45回|優勝:シャルリー・ゴール

1958年にはシャルリー・ゴールが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第46回|優勝:フェデリコ・バーモンテス

1959年にはフェデリコ・バーモンテスが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した登坂能力を示しています。

1960-1979年

1960年から1979年は、ツール・ド・フランスが真の国際的なレースとしての地位を確立した時代です。

多くの伝説的な選手が登場し、素晴らしい競技が繰り広げられました。

第47回|優勝:ガストネ・ネンチーニ

1960年にはガストネ・ネンチーニが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第48回|優勝:ジャック・アンクティル

1961年にはジャック・アンクティルが優勝し、その後4連覇を達成しました。彼の連続優勝は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第49回|優勝:ジャック・アンクティル

1962年もジャック・アンクティルが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第50回|優勝:ジャック・アンクティル

1963年もジャック・アンクティルが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第51回|優勝:ジャック・アンクティル

1964年もジャック・アンクティルが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第52回|優勝:フェリーチェ・ジモンディ

1965年にはフェリーチェ・ジモンディが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第53回|優勝:ルシアン・エマール

1966年にはルシアン・エマールが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第54回|優勝:ジェ・パンジョン

1967年の優勝者はジェ・パンジョンでした。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第55回|優勝:ヤン・ヤンセン

1968年にはヤン・ヤンセンが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第56回|優勝:エディ・メルクス

1969年にはエディ・メルクスが優勝し、その後5回の優勝を果たしました。彼はツール・ド・フランスの歴史の中で最も偉大な選手の一人とされています。

第57回|優勝:エディ・メルクス

1970年もエディ・メルクスが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第58回|優勝:エディ・メルクス

1971年もエディ・メルクスが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第59回|優勝:エディ・メルクス

1972年もエディ・メルクスが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第60回|優勝:ルイス・オカーニャ

1973年にはルイス・オカーニャが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第61回|優勝:エディ・メルクス

1974年もエディ・メルクスが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第62回|優勝:ベルナール・テヴネ

1975年にはベルナール・テヴネが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第63回|優勝:ルシアン・ファンインプ

1976年にはルシアン・ファンインプが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第64回|優勝:ベルナール・テヴネ

1977年もベルナール・テヴネが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第65回|優勝:ベルナール・イノー

1978年にはベルナール・イノーが優勝しました。彼はその後、ツール・ド・フランスで多くの勝利を収めることになります。

第66回|優勝:ベルナール・イノー

1979年もベルナール・イノーが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

1980-1999年

1980年代から1990年代にかけて、ツール・ド・フランスはさらに多くの国際的な注目を集めました。

新しいスター選手たちが登場し、レースのレベルはますます高くなりました。

第67回|優勝:ヨープ・ズートメルク

1980年にはヨープ・ズートメルクが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第68回|優勝:ベルナール・イノー

1981年には再びベルナール・イノーが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第69回|優勝:ベルナール・イノー

1982年もベルナール・イノーが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第70回|優勝:ローラン・フィニョン

1983年にはローラン・フィニョンが優勝し、翌年も連覇しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第71回|優勝:ローラン・フィニョン

1984年もローラン・フィニョンが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第72回|優勝:ベルナール・イノー

1985年にはベルナール・イノーが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第73回|優勝:グレッグ・レモン

1986年にはアメリカ人のグレッグ・レモンが優勝し、彼は3度の優勝を果たしました。彼の勝利は、ツール・ド・フランスの歴史において重要な位置を占めています。

第74回|優勝:ステファン・ロシュ

1987年にはステファン・ロシュが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第75回|優勝:ペドロ・デルガド

1988年にはペドロ・デルガドが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第76回|優勝:グレッグ・レモン

1989年には再びグレッグ・レモンが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第77回|優勝:グレッグ・レモン

1990年もグレッグ・レモンが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第78回|優勝:ミゲル・インドゥライン

1991年にはミゲル・インドゥラインが優勝し、その後5連覇を達成しました。彼はツール・ド・フランスの歴史の中で最も偉大な選手の一人とされています。

第79回|優勝:ミゲル・インドゥライン

1992年もミゲル・インドゥラインが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第80回|優勝:ミゲル・インドゥライン

1993年もミゲル・インドゥラインが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第81回|優勝:ミゲル・インドゥライン

1994年もミゲル・インドゥラインが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第82回|優勝:ミゲル・インドゥライン

1995年もミゲル・インドゥラインが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第83回|優勝:ビャルヌ・リース

1996年にはビャルヌ・リースが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第84回|優勝:ヤン・ウルリッヒ

1997年にはヤン・ウルリッヒが優勝しました。彼の勝利は、彼の卓越した技術と強さを示しています。

第85回|優勝:マルコ・パンターニ

1998年にはマルコ・パンターニが優勝しました。彼の勝利は、多くの困難を乗り越えた結果です。

第86回|優勝:ランス・アームストロング

1999年にはランス・アームストロングが優勝しました。その後、彼は7連覇を達成しましたが、後に全てのタイトルが剥奪されました。

2000年以降

2000年以降もツール・ド・フランスは数多くのドラマと興奮を提供し続けています。

新しい世代のライダーたちが登場し、激しい競争が繰り広げられました。

第87回|優勝:ランス・アームストロング

2000年にはアメリカ人のランス・アームストロングが優勝しました。彼は癌からの復帰を果たし、その驚異的な復活劇は多くの人々に感動を与えました。

アームストロングは、その年のツール・ド・フランスで卓越したパフォーマンスを見せ、彼のチームとともにレースを支配しました。

第88回|優勝:ランス・アームストロング

2001年もランス・アームストロングが優勝し、3連覇を達成しました。

彼はその年も強力な走りを見せ、特に山岳ステージでの圧倒的な強さが際立ちました。彼のトレーニング方法や戦術は多くのライダーに影響を与えました。

第89回|優勝:ランス・アームストロング

2002年もアームストロングが優勝し、4連覇を果たしました。彼のドミナンスは続き、特に個人タイムトライアルでの強さが際立ちました。

この年も、彼のチームは彼を完全にサポートし、レースを完全にコントロールしました。

第90回|優勝:ランス・アームストロング

2003年には5連覇を達成しました。彼の戦術とチームワークは完璧で、他のライダーたちは彼に対抗するのが困難でした。

特にピレネー山脈でのステージでは、彼の強さが際立ちました。

第91回|優勝:ランス・アームストロング

2004年もアームストロングが優勝し、6連覇を達成しました。

彼の強さとレースへのアプローチは変わらず、特にアルプス山脈でのステージでのパフォーマンスが注目されました。

第92回|優勝:ランス・アームストロング

2005年には7連覇を果たしました。彼の優勝は、彼の強さとチームの支援によるものでした。

アームストロングの戦術と彼のチームの戦略は、他のライダーにとって大きな挑戦となりました。

第93回|優勝:オスカル・ペレイロ

2006年には、スペイン人のオスカル・ペレイロが優勝しました。この年のレースは波乱に満ちており、レースの途中でリーダーが何度も変わる展開となりました。ペレイロは、最終的に総合タイムでトップに立ち、優勝を手にしました。

第94回|優勝:アルベルト・コンタドール

2007年にはアルベルト・コンタドールが優勝しました。彼はその年のレースで素晴らしいパフォーマンスを見せ、特に山岳ステージでの強さが際立ちました。コンタドールは若手ライダーとしての新しいスターとなりました。

第95回|優勝:カルロス・サストレ

2008年にはカルロス・サストレが優勝しました。彼は総合成績で他のライダーを圧倒し、特にアルプス山脈でのステージでの走りが勝利に繋がりました。サストレの勝利は、彼のキャリアの中で最大の成功となりました。

第96回|優勝:アルベルト・コンタドール

2009年には再びアルベルト・コンタドールが優勝しました。彼はその年も強力な走りを見せ、特に個人タイムトライアルでのパフォーマンスが際立ちました。彼の勝利は、彼の卓越した才能と戦術を証明しました。

第97回|優勝:アンディ・シュレク

2010年にはアンディ・シュレクが優勝しました。彼は山岳ステージでの強さを発揮し、最終的に総合優勝を果たしました。シュレクの勝利は、彼のキャリアの中で最も重要な成果となりました。

第98回|優勝:カデル・エヴァンス

2011年にはカデル・エヴァンスが優勝しました。彼はオーストラリア人として初めてツール・ド・フランスを制覇し、その安定した走りと戦術で多くのライバルを打ち破りました。エヴァンスの勝利は、彼のキャリアの中で最大の成功となりました。

第99回|優勝:ブラッドリー・ウィギンス

2012年にはイギリス人のブラッドリー・ウィギンスが優勝しました。彼は個人タイムトライアルでの強さを発揮し、総合優勝を果たしました。ウィギンスの勝利は、イギリスの自転車競技界にとって重要なマイルストーンとなりました。

第100回|優勝:クリス・フルーム

2013年にはクリス・フルームが優勝しました。彼は強力な走りを見せ、特に山岳ステージでのパフォーマンスが際立ちました。フルームの勝利は、彼の卓越した才能と戦術を証明しました。

第101回|優勝:ヴィンチェンツォ・ニバリ

2014年にはイタリア人のヴィンチェンツォ・ニバリが優勝しました。彼は全ステージで安定したパフォーマンスを見せ、最終的に総合優勝を果たしました。ニバリの勝利は、彼のキャリアの中で最大の成功となりました。

第102回|優勝:クリス・フルーム

2015年には再びクリス・フルームが優勝しました。彼はその年も強力な走りを見せ、特に山岳ステージでのパフォーマンスが際立ちました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第103回|優勝:クリス・フルーム

2016年もクリス・フルームが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。彼の戦術とチームワークは、他のライダーたちを圧倒しました。

第104回|優勝:クリス・フルーム

2017年もクリス・フルームが優勝しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。彼の戦術とチームワークは、他のライダーたちを圧倒しました。

第105回|優勝:ゲラント・トーマス

2018年にはゲラント・トーマスが優勝しました。彼はその年のレースで安定したパフォーマンスを見せ、特に山岳ステージでの強さが際立ちました。トーマスの勝利は、彼のキャリアの中で最大の成功となりました。

第106回|優勝:エガン・ベルナル

2019年にはコロンビア人のエガン・ベルナルが優勝しました。彼は最年少での優勝を果たし、その卓越した才能と強さを証明しました。ベルナルの勝利は、コロンビアの自転車競技界にとって大きな誇りとなりました。

第107回|優勝:タデイ・ポガチャル

2020年にはスロベニア人のタデイ・ポガチャルが優勝しました。彼は若手ながらも素晴らしいパフォーマンスを見せ、特に山岳ステージでの走りが際立ちました。ポガチャルの勝利は、彼のキャリアの中で重要な成果となりました。

第108回|優勝:タデイ・ポガチャル

2021年もタデイ・ポガチャルが連覇しました。彼はその年も強力な走りを見せ、特に個人タイムトライアルでのパフォーマンスが際立ちました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。

第109回|優勝:ヨナス・ヴィンゲゴー

2022年にはデンマーク人のヨナス・ヴィンゲゴーが優勝しました。彼は全ステージで安定したパフォーマンスを見せ、最終的に総合優勝を果たしました。ヴィンゲゴーの勝利は、彼のキャリアの中で最大の成功となりました。

第110回|優勝:ヨナス・ヴィンゲゴー

2023年もヨナス・ヴィンゲゴーが優勝し、連覇を達成しました。彼の連続優勝は、その卓越した技術と強さを示しています。彼の戦術とチームワークは、他のライダーたちを圧倒しました。

目次に戻る

ツール・ド・フランス次戦の視聴方法

次戦の第111回ツール・ド・フランスの視聴方法について詳しくご紹介します。

第111回ツール・ド・フランスの日程

2024年6月29日 〜 2024年7月21日

日本国内では、主にJ SPORTSやJ SPORTSオンデマンドで視聴可能です。さらに、VPNを利用すればITVXでも視聴できます。

J SPORTS|スカパー!

J SPORTSは、を通じてツール・ド・フランスをライブで放送します。視聴にはスカパー!の契約が必要です。

申し込み方法

  1. の公式サイトにアクセス
  2. 「J SPORTSチャンネル」を選択
  3. 必要な個人情報を入力し、契約を完了
メリット
  • 高画質でのライブ中継
  • 日本語解説付きでの視聴
  • 録画機能を利用して後日視聴可能
デメリット
  • 契約費用がかかる
  • スカパー!のアンテナ設置が必要

J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンドは、インターネットを通じてツール・ド・フランスをライブ配信および見逃し配信で視聴できるサービスです。

J SPORTSオンデマンドはAmazon Prime VideoのJ SPORTSチャンネルでも視聴できます。

申し込み方法

  1. J SPORTSオンデマンドの公式サイトにアクセス
  2. アカウントを作成し、ログイン
  3. 希望する視聴プランを選択し、支払い情報を入力
メリット
  • いつでもどこでも視聴可能
  • 見逃し配信で好きな時に視聴
  • スマホやタブレットでも視聴可能
デメリット
  • インターネット接続が必要
  • 月額料金がかかる

ITVX

ITVXは、イギリスのITVによるオンラインストリーミングサービスで、ツール・ド・フランスを視聴することができます。

日本国内から視聴するにはVPNを利用する必要があります。VPNでツール・ド・フランスを視聴する手順はこちらを参照ください。

メリット
  • 英語解説付きで視聴可能
  • 無料で視聴可能(広告付き)
  • 高画質での配信
デメリット
  • VPNサービスの契約が必要
  • 英語が理解できない場合、視聴が難しい

目次に戻る

まとめ

ツール・ド・フランスは、数々のドラマと感動を生み出してきた歴史的なレースです。

各大会での優勝者たちの努力と情熱が、ツール・ド・フランスを現在のような偉大なイベントに育て上げました。

今後も新たなヒーローたちが登場し、この歴史に新たなページを加えていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次