MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグの開幕は2月23日視聴方法はこちら

【2024】全豪オープンテニスを視聴する2つの方法|WOWOW・9Now

当ページのリンクには広告が含まれています。

全豪オープンテニスの視聴方法は?

全豪オープンはWOWOW以外で見れる?教えて!

9NOWで全豪オープンの視聴方法は?

全豪オープンテニスは、毎年数多くのテニスファンが待ち望むグランドスラムの一つです。

2024年も例外ではなく、世界中のトッププレイヤーたちがオーストラリアのコートで熱戦を繰り広げるでしょう。

2024 全豪オープンの日程

開幕:2024年1月14日 〜 閉幕:2024年1月28日

通常、日本ではWOWOWが全豪オープンを独占配信しますが、実は、VPNを使うことでオーストラリアの無料ストリーミングサービス「9Now」でも視聴できます。

本記事では、WOWOWと9Nowという2つの視聴方法のメリットとデメリット、それぞれの視聴手順について詳しく解説します。

この記事を参照することで、全豪オープン観戦に最適な配信サービスを選べます。ぜひ、最後までご覧ください。

タップできる目次

WOWOWと9Nowのメリット・デメリット

全豪オープンを楽しむための視聴方法として、WOWOWと9Nowがあります。それぞれのメリットとデメリットを比較することで、自分にとって最適な選択ができるでしょう。

月額料金20242023
WOWOW2,530円
9Now
豪州へのVPN接続が必要
無料
全豪オープンの放送・配信まとめ

WOWOWのメリット・デメリット

WOWOWは日本の主要な有料放送サービスの一つで、多くのスポーツイベントを放送しています。特に全豪オープンの視聴においては、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
デメリット
  • 衛生放送なので安定して視聴可能
  • 日本語実況のため、試合の理解が深まる
  • 多くの試合が生中継され、見逃し配信も利用可能
  • 月額料金が必要であるため、コストがかかる
  • スカパー!やケーブルテレビなどの契約が必要

9Nowのメリット・デメリット

9Nowはオーストラリアの無料ストリーミングサービスで、全豪オープンの試合をオンラインで視聴することができます。9Nowのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 無料で視聴可能
  • スマートフォンやタブレット、PCからアクセスできる
  • ライブストリーミングに加えて、見逃し配信も提供される
  • 地域制限があるため、VPNが必要
  • 英語の解説のみであるため、言語の壁がある
  • 配信の安定性はネット環境に依存する

目次に戻る

全豪オープンの視聴手順

2024年全豪オープンの観戦は、2つの方法があります。

リンクから読みたい情報にジャンプします

全豪オープンをWOWOWで見る手順

WOWOWは、「スカパー!で視聴」と「 BSやオンデマンドで視聴」の場合で、申し込み方法が違います。

スカパー!で視聴する場合

すでにスカパー!を契約している場合は、スカパー!でWOWOWのチャンネルを追加するだけで簡単に契約できます。

\加入月は視聴料0円!加入料も不要!/

BSやオンデマンドで視聴する場合

スカパー!の受信環境がない場合は、BS放送やWOWOWオンデマンドで視聴できます。

\どこでも見れていつでも解約OK!/

サッカー・テニス・バスケを見るならWOWOW>

目次に戻る

全豪オープンを9Nowで見る手順

全豪オープンテニスやNRL(ナショナルラグビーリーグ)を、英語実況で無料ライブストリーミングサービスを配信するオーストラリアのストリーミングサービスです。

9Nowは日本からアクセス不可

日本国内から9NowのLog inボタンからアカウント作成ページに接続すると、以下の通りオーストラリア以外からのアクセスに対してジオブロックがかかりアカウントを作成できません。

VPNで9Nowにアクセスする方法

9Nowのジオブロックは、豪州VPNに接続することで解除できます。詳しくは、以下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

目次に戻る

2024 全豪オープンテニスの概要

全豪オープンはテニスの4大大会(グランドスラム)の一つ。

2019年に大坂なおみ選手が日本人として初めて優勝を果たし、2021年には再度優勝しました。

グランドスラム (英: Grand Slam)とは?

国際テニス連盟が定めた4大大会を指す総称、またはそれら全てを優勝することである。
<全豪オープン/全仏オープン/ウィンブルドン選手権/全米オープン>

引用元:Wikipedia

大会スケジュール

男子女子
1回戦1/14-1/161/14-1/16
2回戦1/17-1/181/17-1/18
3回戦1/19-1/201/19-1/20
4回戦1/21-1/221/21-1/22
準々決勝1/23-1/241/23-1/24
準決勝1/261/25
決勝1/281/27

開催地|メルボルン・パーク

全豪オープンは1988 年以降、継続してメルボルン・パーク(旧称フリンダース・パーク)で開催されます。

センターコートロッド・レーバー・アリーナ
収容人数最大14,820人
サーフェスハードコート

全豪オープンの優勝賞金

シングルスダブルス混合ダブルス
2024315万豪ドル73万豪ドル16万5,000豪ドル
2023297万5,000豪ドル69万5,000豪ドル15万7,750豪ドル
2022287万5,000豪ドル67万5,000豪ドル15万4,500豪ドル
2021275万豪ドル60万豪ドル15万豪ドル

2024全豪オープンの参加選手

ダニエル太郎
西岡良仁
綿貫陽介
大坂なおみ
日比野菜緒
本玉真唯
2022年に出場した日本人選手

男子

ダニエル太郎3回戦進出
西岡良仁1回戦敗退
内山靖崇予選敗退
綿貫陽介予選敗退
添田豪予選敗退

女子

大坂なおみ3回戦進出
日比野菜緒2回戦進出
土居美咲1回戦敗退
本玉真唯予選敗退
奈良くるみ予選敗退
宮崎百合子予選敗退
内藤祐希予選敗退
2023年に出場した日本人選手
西岡良仁シングル/ダブルス
ダニエル太郎シングル
綿貫陽介シングル
内島萌夏うちじま もゆかシングル
青山修子ダブルス
柴原瑛菜ダブルス
加藤未唯ダブルス
二宮真琴ダブルス
穂積絵莉ダブルス

目次に戻る

全豪オープン視聴に関するよくある質問

過去の全豪オープン配信メディアは?

通常、日本ではWOWOWが配信しています。

スクロールできます
シーズンスポナビライブNHKWOWOW
2017 LIVE 録画 LIVE
2018 録画 LIVE
2019 録画 LIVE
2020 録画 LIVE
2021  録画 LIVE
2022 LIVE
2023 LIVE
2024 LIVE
全豪オープンの配信メディア|放映権情報

目次に戻る

まとめ

本記事では2024シーズンの全豪オープンを視聴する2つの方法について解説しました。自宅のインターネット環境や、衛星放送の受信環境から選んでください。

WOWOWを選ぶ理由スカパー!やケーブルテレビを現在使っている

日本語実況で見たい

WOWOWで全豪オープン以外も見たい
9Nowを選ぶ理由無料で全豪オープンを観戦したい

9Nowは完全に英語環境となります。日本語環境での視聴は「WOWOW」にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次