MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【7/1〜】ウィンブルドン選手権視聴方法はこちら

『毛虫のボロ』土星座とオリヲン座 限定公開の短編アニメーション

当ページのリンクには広告が含まれています。

『毛虫のボロ』は、土星座とオリヲン座をテーマにした短編アニメーションであり、限定公開されることで話題を集めています。

この作品は、美しい宇宙を背景に、小さな毛虫の成長と変化を描いた心温まるストーリーを通じて、観る者に夢と希望を与えます。

限定公開という特別な形式を取ることで、より一層の期待が寄せられている本作品について、詳細を見ていきましょう。

タップできる目次

作品『毛虫のボロ』の概要

「毛虫のボロ」は、2018年3月21日に公開された日本の短編アニメーション映画です。

三鷹市立アニメーション美術館(通称:三鷹の森ジブリ美術館)に併設された映画館「土星座」で公開された作品で、スタジオジブリにより制作されました。

監督・原作・脚本|宮崎駿

原作・脚本・監督を宮崎駿が担当しました。

宮崎監督にとって、2013年に公開された『風立ちぬ』以来の新作となります。彼が手掛ける作品は、従来の枠にとらわれない新しい試みが特徴で、『毛虫のボロ』でもその傾向が強く表れています。

監督自身が原作と脚本を担当し、独自の視点から物語を紡ぎ出しています。彼の深い洞察力と豊かな想像力が組み合わさることで、この短編アニメーションはただの物語以上のものを提供します。

音楽・出演者

音楽は久石譲が担当し、出演者にはタモリが名を連ねています。

久石によって手掛けられたスコアは、宇宙の神秘さと毛虫の成長のドラマチックさを見事に表現しています。

さらに、タモリ氏の表現力豊かな演技が、キャラクターに深みを与え、視聴者を物語へと引き込みます。

制作過程

『毛虫のボロ』の制作過程は、最新のCG技術と伝統的なアニメーション技術の融合によって特徴付けられます。

このハイブリッドなアプローチにより、作品には独特のビジュアルスタイルが生まれました。

宇宙の広大さと、地球上の小さな生命の物語をリアルかつ幻想的に描くために、チームは多大な努力を注ぎました。

CGディレクターの変動

CGディレクターとして櫻木優平を起用する様子が番組で紹介されていましたが、本作のCG作画監督は中村幸憲であり、櫻木は他の作品に参加するという理由で降板しました。

この変動は、結果的に作品にとって幸運な転機となり、最終的な出来栄えに大きく寄与しました。

目次に戻る

『毛虫のボロ』のあらすじ

『毛虫のボロ』は、一見平凡ながらも壮大な旅をする小さな毛虫の物語です。

このアニメーションは、毛虫のボロが自分自身の意味と目的を探求する過程を描いています。彼の旅は、土星座とオリヲン座の神秘的な宇宙を背景に展開されます。

物語は、ボロが自分の存在の小ささを痛感するところから始まりますが、彼の冒険を通じて、宇宙の広大さと生命の価値についての深い理解に到達します。

物語の始まり

ボロは、自分が住む小さな枝の上で、星空を眺めることが好きな毛虫です。

彼はいつも、自分よりはるかに大きな世界に思いを馳せながら、自分には何ができるのだろうと考えていました。ある夜、流れ星を見たボロは、自分も大きな旅に出ることを決意します。

冒険への出発

ボロの旅は、まず彼が生まれ育った森を離れ、未知の世界へと踏み出すことから始まります。

彼は様々な生き物と出会い、友情を育みながら、自分とは異なる生命の価値と美しさを学びます。しかし、旅は容易ではありません。

ボロは多くの困難に直面し、それを乗り越えるたびに、自分の内面の強さと勇気に気づいていきます。

宇宙への憧れ

ボロの最大の夢は、宇宙を旅することです。彼は、星々が輝く空を見上げるたびに、いつか自分もそこを旅したいと願っていました。

その夢は、彼が出会ったある賢い生き物によって可能になります。この生き物の助けを借りて、ボロはついに宇宙への旅立ちを果たし、土星座とオリヲン座の美しさと神秘を目の当たりにします。

自己発見と成長

宇宙での経験は、ボロに大きな変化をもたらします。

彼は、自分が一部であるこの広大な宇宙の中で、小さな存在であっても価値があることを理解します。そして、自分の内面に秘められた力を発見し、自信を持って地球へと帰還します。

ボロはもはや、始まりの時の小さな毛虫ではありません。彼は、自分の旅と経験を通じて、大きく成長しました。

物語の終わりと新たな始まり

ボロが森に帰ると、彼の物語は他の生き物たちに伝えられ、彼はその勇気と冒険によって尊敬を集めます。

ボロの旅は、彼自身にとっての大きな成長だけでなく、他の生き物たちにも夢と希望を与えることになりました。

『毛虫のボロ』は、どんなに小さな存在でも、大きな違いを生むことができるというメッセージを残しながら、終わりを迎えます。

目次に戻る

上映情報

『毛虫のボロ』は、ジブリ美術館の映像展示室「土星座」、ジブリの大倉庫の映像展示室「オリヲン座」で不定期で上映しています。

上映日程や場所については、公式サイトやSNSで随時更新されるため、最新情報をご確認ください。

ジブリ美術館の公式サイトはこちら

ジブリの大倉庫の公式サイトはこちら

目次に戻る

まとめ

『毛虫のボロ』は、ただの短編アニメーションではなく、観る者に夢と希望、そして深い感動を与える作品です。限定公開という形を取ることで、その特別感を一層高めています。

この作品を通じて、大きな宇宙の中の小さな生命の物語が、多くの人々に影響を与え、心に残るものになることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次