MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【5/20〜】全仏オープンテニス視聴方法はこちら

「富士通ソフトウェアマスター」認定にG検定・E資格が採用 資格認定の目的と申請方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

富士通株式会社(以下、富士通)が認定を行う「富士通ソフトウェアマスター」AI分野の資格認定にJDLAのG検定・E資格が採用されました。

G検定・E資格の合格者は、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「FUJITSU Certified Professional AI」と「FUJITSU Certified Master AI」の資格認定を取得できます。

認定申請は、2021年3月から受け付け開始しています。

そこで本記事では、「富士通ソフトウェアマスター」認定を受けるため、以下の点を紹介します。

  • 「富士通ソフトウェアマスター」についての解説
  • 「FUJITSU Certified Professional AI」の認定要領
  • 「FUJITSU Certified Master AI」の認定要領
  • 各認定の申請方法

G検定、E資格の合格者は今すぐ認定申請できますよ。

2021年4月26日に無事認定しました。

皆さんもぜひこの記事を参考にしていただいてProfessional AIの認定申請してみてください。

タップできる目次

「富士通ソフトウェアマスター」とは?

富士通ソフトウェアマスター(富士通ソフトウェア技術者認定制度)は、ソフトウェアに関する技術力を富士通が認定する制度です。

引用元:https://www.fujitsu.com/jp/products/software/resources/swmaster/

JDLAの「E資格」「G検定」資格を採用

「富士通ソフトウェアマスター」では「FUJITSU Certified Master AI」「FUJITSU Certified Professional AI」の2つの資格を新設しました。

これらの資格は一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下、JDLA)のJDLA Deep Learning for ENGINEER資格(以下、E資格)、およびJDLA Deep Learning for GENERAL検定(以下、G検定)の資格者を認定します。

「E資格」「G検定」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「FUJITSU Certified Master AI」「FUJITSU Certified Professional AI」資格に認定されます。

FUJITSU Certifiedの認定条件
FUJITSU Certified Master AIE資格合格
FUJITSU Certified Professional AIG検定合格

「FUJITSU Certified Professional AI」の認定条件

申請条件

「Deep Learning for GENERAL(G検定)」を合格した後、2年以内に申請をすること。

詳細

「FUJITSU Certified Professional AI」は、JDLA「G検定」資格試験を採用しています。JDLA「G検定」資格試験の合格者は、合格日から2年以内に「富士通ソフトウェアマスター事務局」へ「認定申請」をしていただくことで、「FUJITSU Certified Professional AI」資格認定を取得できます。JDLAの「G検定」の詳細は、JDLAのページをご参照ください。

引用元:Fujitsu Certified Professional AI

「FUJITSU Certified Master AI」の認定条件

申請条件

「Deep Learning for ENGINEER(E資格)」を合格した後、2年以内に申請をすること。

詳細

「FUJITSU Certified Master AI」は、JDLA「E資格」資格試験を採用しています。JDLA「E資格」資格試験の合格者は、合格日から2年以内に「富士通ソフトウェアマスター事務局」へ「認定申請」をしていただくことで、「FUJITSU Certified Master AI」資格認定を取得できます。JDLAの「E資格」の詳細は、JDLAのページをご参照ください。

引用元:Fujitsu Certified Master AI

認定申請はこちらから

「FUJITSU Certified Master AI」および「FUJITSU Certified Professional AI」の認定申請はこちらから申請します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次