MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【7/1〜】ウィンブルドン選手権視聴方法はこちら

ジブリの名作『借りぐらしのアリエッティ』の魅力と視聴方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』は、独特の世界観と心温まる物語で多くの人々を魅了してきました。

この記事では、『借りぐらしのアリエッティ』の魅力を深く掘り下げ、あらすじから登場人物、そしてその隠された意味までを詳しく解説します。

タップできる目次

『借りぐらしのアリエッティ』の概要

『借りぐらしのアリエッティ』は、スタジオジブリが2010年に公開したアニメーション映画です。

ここでは、映画の背景、あらすじ、そして主要キャラクターを紹介します。

物語の背景と舞台

この映画は、イギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの『床下の小人たち』を原作としています。

物語の舞台は、日本のどこかの郊外に位置する古い家。この家の床下や壁の中には、「借りぐらし」と呼ばれる小さな人々が隠れて暮らしています。

借りぐらしは人間に見つからないよう慎重に暮らし、必要な物を「借りる」ことで生計を立てています。彼らの存在は秘密に包まれており、人間とは異なる視点で世界を見ています。

物語のあらすじ

物語の中心は、アリエッティという名の14歳の借りぐらしの少女です。彼女は両親と共に隠れて暮らし、生まれてから一度も人間に見つかったことがありませんでした。

しかし、ある日、心臓病を患う少年ショーンがその家に滞在することになり、アリエッティの生活は一変します。ショーンはアリエッティを見つけ、彼女に興味を持ちます。

最初は警戒しあう二人ですが、次第に互いを理解し、深い絆を築いていきます。アリエッティとショーンの関係は、借りぐらしの世界と人間の世界の間に橋をかけることになります。

主なキャラクター

  • アリエッティ
    本作の主人公。勇敢な少女で、家族を守るために冒険に出る。
  • ショーン
    心臓病の治療のために家に滞在する人間の少年。アリエッティと出会い、彼女に強い興味を抱きます。
  • ポッド
    アリエッティの父親。家族を守るために様々な物を借りに出かけます。借りぐらしとしての技術に長けています。
  • ホミリー
    アリエッティの母親。家族の安全を何よりも大切にし、外界に対しては常に警戒心を持っています。

目次に戻る

『借りぐらしのアリエッティ』の見どころ

『借りぐらしのアリエッティ』は、視覚的な美しさ、深いメッセージ性、個性豊かなキャラクター、そして心を動かす音楽で知られています。

ここでは、これらの見どころを一つ一つ詳しく解説します。

視覚的な魅力

ジブリ作品の特徴である繊細な美術が、『アリエッティ』でも随所に見られます。特に、小人の視点から見た世界の描写は圧巻です。

日常の物が巨大に感じられるこの視点は、視覚的な新鮮さを与えています。家具や道具のディテールは、小人たちの工夫と生活の知恵が反映されており、見る者をその世界に没入させます。

また、自然描写にも力が入れられており、庭の草花や虫たちが生き生きと描かれています。

深いメッセージ

この映画は、単なるファンタジー物語にとどまらず、多くの深いメッセージを含んでいます。

例えば、異なる存在が互いを理解し、共生していく過程は、多様性と共存の大切さを教えてくれます。また、アリエッティとショーンの関係を通じて、勇気と友情の重要性が強調されています。

彼らの交流は、外の世界への好奇心と、内面の成長を象徴しています。

キャラクターの魅力

アリエッティをはじめとするキャラクターたちは、それぞれが鮮明な個性と背景を持っています。アリエッティの勇敢さ、ショーンの優しさ、ポッドの聡明さ、ホミリーの母性など、各キャラクターの特性が物語に深みを加えています。

彼らの感情や成長は、観る者に共感を呼び、映画の感動を一層引き立てます。

音楽の役割

映画の音楽は、セシル・コルベルによって作られ、物語の美しさをさらに際立たせています。

彼女の繊細で心地良い音楽は、映画のシーンと完璧に調和し、感情の流れを豊かに表現しています。

特に主題歌「ありがとう」は、映画の核となるテーマである感謝と絆を表しており、多くの視聴者の心に残る楽曲です。

目次に戻る

ネタバレ|『借りぐらしのアリエッティ』の隠された意味

『借りぐらしのアリエッティ』には、表面上の物語だけでなく、深いレベルでの隠された意味が存在します。

ここでは、映画に込められた象徴的な要素やメッセージを詳しく解析します。

人間と自然の共生

この映画には、人間と自然、または小さな存在と大きな世界との共生が重要なテーマとして描かれています。

借りぐらしの家族は、人間の目を避けながらも、人間の世界から「借りる」ことで生きています。この相互依存関係は、人間と自然が共存する必要性を象徴しています。

成長と自立の物語

アリエッティの成長物語も重要な要素です。彼女は冒険心があり、好奇心旺盛な少女から、自分と家族を守るための行動を取る強い少女へと成長します。

この成長は、自立への旅とも解釈でき、観る者に勇気と希望を与えます。

環境との調和

映画は、環境への配慮と調和を訴えかけます。借りぐらしは、必要以上に物を取らず、環境への影響を最小限に抑える生活をしています。

これは、現代社会における環境問題への一つの回答として捉えられ、サステナビリティへの意識を高めるきっかけにもなります。

異なる世界の理解と尊重

アリエッティとショーンの関係は、異なる世界の住人が理解し合い、尊重し合うことの大切さを示しています。

彼らの交流は、互いの違いを超えた真の友情の象徴であり、多様性と共生の重要性を教えてくれます。

人間世界への警鐘

また、映画は人間世界の矛盾と問題点を微妙に指摘しています。

人間による自然環境の破壊や、無神経な行動が借りぐらしの生活に影響を与える様子は、現代社会への警鐘とも取れます。

目次に戻る

まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』は、その独特の世界観と深いメッセージで多くの人々を魅了し続けています。

この記事を通じて、映画のあらすじやキャラクター、見どころ、そして隠された意味について理解を深めることができました。

ジブリ映画の魔法に再び触れ、新たな発見を楽しむことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次