MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグは開催中!視聴方法はこちら

【初心者向け】NFTの始め方を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

NFTが注目を浴びている現代、それが何であるかや、取引の方法を学びましょう。この記事では、初心者でも理解できるように、NFTの始め方を詳しく解説していきます。

タップできる目次

NFTの基礎知識と市場規模

NFTとは?

NFTは”Non-Fungible Token”の略で、非代替性トークンを意味します。ブロックチェーン技術を活用し、デジタルアセットの所有権を証明するものです。一般的に、芸術作品、音楽、ゲーム内アイテムなどを表現します。

NFTの特徴

  1. ユニーク性: 各NFTは固有の情報を持つため、他のものと完全に区別できます。
  2. 所有権: NFTは所有権を証明することができます。そのため、他人にコピーされても、所有者は変わりません。
  3. ブロックチェーン技術: NFTはブロックチェーン上で作成・取引されます。そのため、その存在や取引履歴は公開され、改ざんされることはありません。

NFTの市場規模の比較(過去と現在)

近年、NFT市場は急速に拡大しています。2021年には市場規模が数十億ドルに達し、人々の注目を集めました。しかしながら、それが一時的なブームなのか、または継続的な成長を見せるのかは未だ不明確です。

目次に戻る

NFTの歴史と作品例

NFTの歴史

NFTの歴史は、2017年にリリースされたCryptoKittiesから始まります。これはユーザーが所有し、交換できる独自の仮想キャットを作成するゲームで、ブロックチェーン技術を一般の人々に紹介しました。

NFTの作品例(興味がある人向け)

  1. Beepleの「Everydays: The First 5000 Days」: 2021年にオークションで6900万ドル(約74億円)で売却され、NFTアートの可能性を広く知らしめました。
  2. CryptoPunks: 10000体のピクセルアートキャラクター。いずれも一点ものであり、高額で取引されています。

目次に戻る

NFTの課題点とデメリット

法整備が整っていない

NFTは新しい技術であるため、現在、法的な規制や指針がまだ整っていません。これにより、投資家やクリエイターがリスクを十分に理解できず、問題が発生する可能性があります。

ガス代(ネットワーク手数料)が不安定

NFTはイーサリアムネットワーク上で作成・取引されますが、ネットワークが混雑すると、取引にかかる手数料(ガス代)が急激に高騰することがあります。

作品の真贋判断が困難

NFTがデジタルアートの所有権を証明するものであるため、その作品がオリジナルであるか、または詐欺的なコピーであるかを判断するのは難しいです。

目次に戻る

NFTの取引方法と買い方

イーサリアム(ETH)の購入

NFTの取引には主にイーサリアム(ETH)が使われます。これは、ビットコインやリップルなどと同じ仮想通貨の一つです。まずは仮想通貨取引所でETHを購入します。

仮想通貨ウォレットの作成(MetaMask)

MetaMaskというウォレット(財布のようなもの)を作成します。ウェブブラウザの拡張機能として提供されており、イーサリアムの管理やNFTの取引に使用します。

ウォレットへのイーサリアムの入金

次に、購入したイーサリアムをMetaMaskのウォレットに送金します。この作業は、取引所の画面から送金先(MetaMaskのウォレットアドレス)を指定して行います。

NFTマーケットプレイスとの連携

NFTを買うには、マーケットプレイス(NFTを売買する場)を利用します。人気のあるマーケットプレイスにはOpenSeaなどがあります。これらのサイトとMetaMaskを連携させることで、NFTの取引が可能になります。

NFTの売買手順

最後に、欲しいNFTを選んで「Buy」をクリックし、購入手続きを進めます。また、自分の作ったNFTを売る場合は、「Create」をクリックし、作品の情報を入力してから出品します。

目次に戻る

おすすめのNFTマーケットプレイス

CoincheckNFT(β版)

日本国内で初のNFTマーケットプレイスとして、2021年にオープンしました。初心者にも使いやすいUIとなっています。

AdambyGMO(アダムバイジーエムオー)

GMOインターネットが提供するNFTマーケットプレイスです。アーティストの作品だけでなく、企業のプロモーションNFTも扱っています。

Opensea(オープンシー)

世界最大級のNFTマーケットプレイスです。多種多様なNFTが取引されており、海外のアーティストの作品も多数見ることができます。

目次に戻る

NFTの稼ぎ方

NFTで稼ぐ方法は、次の3つです。

詳しい方法は、下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

スクロールできます
NFT作品の制作と販売自分自身がクリエイターであれば、オリジナルの作品をNFTとして制作・販売することで収入を得ることが可能です。デジタルアートだけでなく、音楽や映像などもNFTにできます。
NFT作品の購入と転売価値が上がると予想されるNFTを購入し、高く売り出すことで利益を得ることもできます。ただし、価格は市場の需給に左右されるため、リスクを理解した上で行ってください。
NFTゲームでの収益NFT技術を使ったゲームも増えてきています。ゲーム内で得たNFTを売買することで収益を得ることも可能です。

目次に戻る

NFT関連仮想通貨の紹介

イーサリアム(ETH)

NFTの取引に広く用いられる仮想通貨です。イーサリアムブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを利用して、NFTを生成・管理します。

エンジンコイン(ENJ)

ゲーム業界で利用されることが多い仮想通貨です。ENJを利用することで、ゲーム内アイテムをNFTとして取引できます。

ポリゴン(Matic)

イーサリアムブロックチェーンの拡張ソリューションで、ガス代(手数料)の軽減や取引速度の向上に貢献します。近年、NFT市場でも注目されています。

目次に戻る

NFTの将来性と活用法

NFTに参入する企業の増加

大手企業がNFTへの参入を進めています。これにより、NFTの活用範囲が広がることが期待されます。

NFTの潜在的な活用法

NFTの活用はアート作品やゲーム内アイテムに留まりません。特許や不動産など、様々な資産の所有権を証明する手段としての可能性も秘めています。

目次に戻る

NFTに関連するトピック

NFT関連の仮想通貨取引所の比較・ランキング記事一覧

NFT取引に必要な仮想通貨を取扱う取引所は数多く存在します。それぞれの取引所の手数料やサービス内容、信頼性を比較・考慮することは大切です。

NFT関連の仮想通貨取引所の評判・口コミ記事一覧

実際のユーザーからの評価や口コミも、取引所選びにおける重要な情報源です。ユーザー体験を通じて、自分に合った取引所を見つけましょう。

仮想通貨(暗号資産)の銘柄別記事一覧

NFT関連の仮想通貨はイーサリアム(ETH)だけではありません。エンジンコイン(ENJ)、フロー(FLOW)など、他の仮想通貨についても理解しておくと役立ちます。

目次に戻る

NFTに関するまとめとQ&A

Q1. NFTとは何ですか? A1. NFTはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略で、ブロックチェーン技術を使ったデジタル資産の一種です。

Q2. NFTの取引には何が必要ですか? A2. NFTの取引には主にイーサリアム(ETH)という仮想通貨、ウォレット(MetaMask等)とNFTマーケットプレイス(OpenSea等)が必要です。

Q3. NFTの価値はどう決まりますか? A3. NFTの価値は市場の需給バランスにより決まります。それぞれのNFTが一意(ユニーク)であるため、価値は個々のNFTにより大きく変動します。

目次に戻る

まとめ

NFTはデジタルアートやゲームアイテムなど、一意のデジタル資産の所有権を証明する新しい形の資産です。

まだまだ発展途上の分野であり、法整備や技術的な課題もありますが、その可能性は無限大です。これからもNFTの動向に注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次