MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグは開催中!視聴方法はこちら

【The Sandbox】メタバースの可能性を最大化するプラットフォームを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「The Sandbox」は、自分だけのデジタル世界を作り、楽しむ場所です。ここで自分のアート作品やゲームを作成し、それを売買できるようになります。

その全てが「SAND」という仮想通貨を通じて行われ、仮想土地「LAND」を所有し、利用することで収益を得ることも可能です。

この記事を読めば、「The Sandbox」の基本的な仕組みから、どのように楽しむか、どのように始めるべきかを初心者でも理解できるようになります。

ぜひ、あなたも一緒にこの新しいデジタルの冒険に出発しましょう!

タップできる目次

「The Sandbox」の概要

「The Sandbox」は、ブロックチェーン技術を使用してユーザーが自分自身の世界を作成・運営することを可能にするゲームプラットフォームです。

「The Sandbox」の起源と開発

「The Sandbox」は、Pixowl社によって2011年にリリースされたモバイルゲームが起源であり、その後Animoca Brandsによって買収され、現在のブロックチェーンベースのメタバースプラットフォームへと進化しました。

The Sandboxとは

NFT(非代替性トークン)とデジタル通貨「SAND」を使ってユーザーが自分自身の世界を作成・運営することを可能にする、ブロックチェーン技術をベースにしたゲームプラットフォームです。

メタバースとは何か?

メタバースとは、インターネット上に存在する3D仮想環境のことを指し、その中でユーザーは自分自身のアバターを通じて他のユーザーとコミュニケーションを取り、アクティビティを実行することが可能です。

メタバースは、デジタルと現実世界の境界を曖昧にし、人々が新しい方法で相互作用を持つための新たな空間を提供します。

「The Sandbox」の主な利用シーン

「The Sandbox」では、以下のような様々な利用シーンがあります。

  1. ゲーム作成: 「The Sandbox」では、ユーザーは自分自身のゲームを作成することが可能です。これは、プログラミングスキルがなくても簡単にゲームを作成できるツール「Game Maker」を使用して行います。
  2. NFT作成・取引: ユーザーは自分自身のアートワークやゲームアセットを作成し、それらをNFTとして売買することが可能です。
  3. 土地開発: 「The Sandbox」では、ユーザーは自分自身の「LAND」(土地)を購入し、それを開発することが可能です。これにより、ユーザーは自分だけのユニークな空間を作り出すことができます。

目次に戻る

「The Sandbox」の特徴

ユーザー生成コンテンツの役割

「The Sandbox」はユーザーが自由にコンテンツを作成し、それを共有または販売することができます。これにより、ユーザー自身がゲームの世界を作り出すことができます。

ゲーム内経済とブロックチェーン

ブロックチェーン技術により、「The Sandbox」内での取引は透明性とセキュリティを保つことができます。また、仮想通貨「SAND」によって、ゲーム内経済が形成されています。

コミュニティとインタラクション

ユーザー同士が交流する場として、また、様々な活動を共有するコミュニティとして、「The Sandbox」は機能します。

目次に戻る

「The Sandbox」での土地と資産の作り方

土地の取得と所有の仕組み

「The Sandbox」では、ユーザーが土地を購入し、その土地を利用して独自のゲームやエクスペリエンスを作ることができます。土地はNFTとしてブロックチェーンに記録されます。

自分だけの資産を作る方法

「The Sandbox」では、3つの主要な無料ツールが提供されています。それぞれがプロジェクトの重要な部分であり、ユーザーに広い機会を提供します。

  • VoxEdit:3Dモデリングプラットフォームで、ユーザーが自分だけのデジタルオブジェクトを作成することができます。人々や動物など、自分の仮想世界に追加できるオブジェクトは無限大です。さらに、オブジェクトをアニメーション化することも可能で、創造性の可能性を広げます。オブジェクトが作成されると、それをNFTに変換することができます。
  • Game Maker:このプラットフォームでは、ユーザーがメタバース内で自分だけのゲームを作成することができます。プログラミングスキルは必要ありません。作成したゲームをすぐに公開し、収益化することが可能です。
  • Marketplace:近いうちに、ユーザーは自分が作成したゲームやデジタルオブジェクトを組み込みのマーケットプレイスで販売することができます。もちろん、気に入ったアイテムを購入することも可能です。

資産の販売とトレード

ゲーム内での活動や自分で作ったゲーム、VoxEditで作成したオブジェクトの販売、そしてNFTのステーキングやファーミングから収益を得ることができます。

さらに、土地(LAND)を購入し、パッシブインカムを得ることも可能です。たとえば、土地を購入してそれをトークンのために貸し出すことができます。

また、自分の土地でイベントを開催し、それから収益を得ることもできます。

目次に戻る

仮想通貨「SAND」の概要と使い方

「The Sandbox」の世界を動かすエネルギー源といえば、「SAND」トークンです。それはただの通貨ではなく、ゲーム内のアクティビティの報酬から、NFTの作成まで、さまざまな用途に使用されます。

ここでは、その取得方法、使い方、価値、市場分析を詳しく解説します。

「SAND」の取得と保管

「SAND」トークンは、ゲーム内での活動によって得ることができます。具体的には、「The Sandbox」のAmbassadorとして活動したり、メタバース内で活動したりすることで、SANDトークンを獲得できます。

また、Switchereなどの暗号通貨取引所でSANDトークンを購入することも可能です​。

「SAND」での取引と支払い

「SAND」トークンは、「The Sandbox」内での取引や支払いに利用されます。NFTを作成する際には、「SAND」トークンが必要となります。

ユーザーが自分のオブジェクトやゲームを作成し、それらをNFTアセットに変換してマーケットプレイスに出品するときには、「SAND」を使用して変換トランザクションを支払う必要があります​。

「SAND」の価値と市場分析

「SAND」トークンの価値は、その使用可能性と市場の動向によって決まります。2023年6月9日時点での「SAND」トークンの価格は2.37ドルで、24時間の取引量は約4億ドルでした。

流通している「SAND」トークンの総量は3,000,000,000「SAND」で、その最大の供給量は3,000,000,000「SAND」です。これは、「SAND」トークンが「The Sandbox」のエコシステム全体を活性化させるための重要な要素であることを示しています​。

目次に戻る

まとめ

メタバースとその可能性は、我々の生活に多大な影響を与えつつあります。「The Sandbox」はその一角を占めていますが、その将来性や挑戦、そして参入するためのポイントについて考えてみましょう。

「The Sandbox」の将来性

「The Sandbox」は、メタバースの世界でユーザーに無限の可能性を提供しています。一方で、自分だけの資産を作成し、販売したり、他のユーザーと交換したりすることで、新たな経済活動を生み出す可能性があります。

また、「SAND」トークンの利用は、エコシステム全体の活性化を促進し、プラットフォームの成長と発展に寄与します。

「The Sandbox」への参入を考えるためのポイント

「The Sandbox」への参入を考える際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  1. 無料で始められる: ツール(VoxEditやGame Maker)は無料で提供され、誰でも独自のコンテンツを作成し始めることができます。
  2. NFTとブロックチェーン: 「The Sandbox」では、自分で作成したアイテムをNFTとして売却したり、購入したりすることができます。
  3. プレイしながら稼げる: 「The Sandbox」には、ゲームをプレイしながら「SAND」トークンを稼ぐ機会が数多くあります。

「The Sandbox」の可能性と挑戦

「The Sandbox」は、メタバースの世界における可能性を最大限に引き出します。しかし、その成長と展開は、ユーザーの参加と創造性、そしてそのエコシステムの健全性に大きく依存しています。

ユーザーが新しいアイテムを作り、新しいゲームを開発し、新しい経験を提供し続ける限り、「The Sandbox」はさらなる可能性を秘めています。しかし、その一方で、NFTや仮想通貨の管理、ブロックチェーンの理解など、一部のユーザーにとっては挑戦的な側面も存在します。

これらの技術を理解し、適切に利用することで、ユーザーは「The Sandbox」での体験を最大限に活用することができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次