MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【5/20〜】全仏オープンテニス視聴方法はこちら

【もののけ姫】タタラ場のハンセン病患者は治った?

当ページのリンクには広告が含まれています。

映画『もののけ姫』は、スタジオジブリ制作、宮崎駿監督による作品で、多くのファンに愛され続けています。

特に注目されるのは、タタラ場で働くハンセン病患者たちの描写です。

彼らは物語の中でどのように扱われ、彼らの病状は治るのでしょうか。この記事では、その疑問について詳しく掘り下げていきます。

タップできる目次

もののけ姫で描写するハンセン病患者

「もののけ姫」では、ハンセン病患者の描写が非常に象徴的に用いられています。

これは、監督である宮崎駿の社会に対する洞察とメッセージが反映されている部分です。

以下、映画におけるハンセン病患者たちの位置づけ、病状とその治療、そして彼らが持つ共生と希望のメッセージについて詳細に説明します。

物語の背景と病者の位置づけ

タタラ場で働く「病者」たちは、社会からの差別と偏見を逃れるため、エボシ御前に保護されています。

  • 社会からの隔離: 映画では、ハンセン病患者たちは社会の隅に追いやられた存在として描かれます。彼らは物理的にも社会的にも隔離された環境にあり、多くの場合、外部の世界との接触が制限されています。
  • エボシ御前の保護: エボシ御前は、彼らをタタラ場で働かせることで社会的な価値を与え、彼らに対する一般的な見方とは異なるアプローチを取ります。エボシは彼らを病人としてではなく、有能な労働者として扱います。
  • 役割と価値の再定義: この保護は、彼らに対する社会の見方を変える試みでもあります。エボシの下で彼らは、他の健康な労働者と同様に、重要な役割を果たすことが許されています。

病状とその治療

映画では、彼らの具体的な病状や治療過程は描かれていません。

  • 症状の描写: 映画の中で、ハンセン病患者たちはマスクや包帯でその外見を隠しています。これは彼らの外見上の変化を隠し、他のキャラクターとの直接的な対比を避けるためです。
  • 治療の不明瞭さ: 映画では治療方法については具体的には描かれていませんが、エボシ御前が彼らの生活の質を向上させるために何らかの手当てをしている様子は伺えます。
  • 隔離からの解放: タタラ場での彼らの生活は、一般社会からの隔離を意味していると同時に、エボシのもとで新たな役割を得ている点で、ある種の治療や再生のメタファーとも取れます。

共生と希望のメッセージ

宮崎駿監督は、病者たちが集団生活を営む様子を通して、共生の可能性と希望のメッセージを伝えています。

  • 共生の理念: エボシ御前はハンセン病患者を社会の有用なメンバーとして組み込むことで、彼らと健常者の間の共生を促進します。この共生は、互いに依存しあうコミュニティの形成を通じて描かれます。
  • 相互依存の実現: タタラ場の労働者とハンセン病患者は互いに技術と労力を提供し合い、お互いに必要とされる存在となっています。この相互依存関係は、健康であろうと病気であろうと、すべての人が社会にとって重要であるというメッセージを強調しています。
  • 希望の提示: 映画はハンセン病患者たちが新しい生活を受け入れ、彼ら自身の存在価値を再確認する過程を通じて、希望と可能性のメッセージを提供します。それは、社会全体が偏見や差別を乗り越え、真の共生を目指すべきであるという強い呼びかけです。

目次に戻る

ハンセン病の現実との比較

「もののけ姫」ではファンタジーの要素を交えつつも、ハンセン病患者たちの社会的な扱いにリアリティを持たせています。

このセクションでは、映画の描写と現実のハンセン病、特にその歴史的背景と現代における治療・認識について掘り下げてみましょう。

ハンセン病の歴史的背景

ハンセン病は古くから人々に恐れられ、誤解されてきた病気です。以下はその歴史的な扱いを簡潔にまとめたものです:

  • 古代の記録: 古代インドや中国の文献にも登場し、聖書にも言及されています。これらの記述では、しばしば「不浄」とみなされ、社会からの隔離が説かれています。
  • 中世ヨーロッパ: 中世ヨーロッパでは、ハンセン病患者はしばしば街外へ追放され、特定の施設(らい病院)に隔離されました。彼らに対する恐怖と偏見が社会に広まっていました。
  • 近代日本: 日本では、1907年の「らい予防法」により、強制隔離政策が導入され、患者は全国の療養所に隔離されることとなりました。この政策は1996年まで続き、多くの人々が家族や社会から引き離される苦痛を強いられました。

現代における治療と認識

現代ではハンセン病の治療と社会的認識は大きく改善されています。以下にその主要な点を箇条書きで示します:

  • 効果的な治療法: 1940年代に開発された抗生物質「ダプソン」が治療に革命をもたらしました。その後、多剤療法(MDT)が導入され、現在ではほとんどの患者が完治を目指すことができます。
  • 早期診断の重要性: 早期に適切な診断と治療が行われれば、障害を防ぎ、感染の拡大を防ぐことができます。
  • スティグマとの闘い: 世界保健機関(WHO)などの国際機関は、ハンセン病に対するスティグマと差別を解消するキャンペーンを行っています。教育と啓発が進められており、患者の社会復帰を支援するプログラムも増えています。
  • 社会的認識の変化: 多くの国で法的な保護が強化され、患者とその家族への支援が充実してきています。しかし、過去の偏見が根強く残る地域もあるため、引き続き社会全体の意識改革が求められています。

目次に戻る

まとめ|ハンセン病患者の治療の描写はなし

『もののけ姫』の中で描かれるハンセン病患者の治療や完治については、直接的な描写はありませんが、映画は彼らを差別や偏見から解放し、尊厳を持って生きる様子を描いています。

このことから、宮崎駿の作品が持つ深い社会的メッセージが伺えます。視聴者は映画を通じて、病気への理解と共生の重要性を学ぶことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次