MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【5/20〜】全仏オープンテニス視聴方法はこちら

YouTubeプレミアムをブラウザから登録できない!【原因と対策】

当ページのリンクには広告が含まれています。

YouTubeプレミアムは、広告なしで動画を視聴できるだけでなく、バックグラウンド再生やオフライン再生が可能となる有料サービスです。

iPhoneのYouTubeアプリからの登録に対して、ブラウザから登録すると料金が安くなりますが、ブラウザからYouTubeが登録できない問題が発生することがあります。

この記事では、iPhoneでブラウザからYouTubeが登録できない原因と対策を詳しく説明します。

タップできる目次

YouTubeプレミアムをブラウザから登録する理由

iPhoneユーザーはYouTubeプレミアムをブラウザを通じて登録することで、通常のYouTubeアプリ内での登録に比べて料金が安くなります。

YouTubeプレミアムの料金を安くする

iOS用アプリ経由でYouTubeプレミアムに申し込むと、YouTubeへの直接支払いではなく、Apple ID経由の決済になります。

よって、通常価格1,280円に対して30%の決済手数料(通称:アップル税)が加わります。

登録デバイス・アプリ月額プラン年間プラン
Webブラウザ1,280円/月12,800円/年
AndroidのYouTubeアプリ1,280円/月12,800円/年
iOSのYouTubeアプリ1,680円/月
YouTubeプレミアムのメンバーシップ料金

目次に戻る

YouTubeプレミアムをブラウザから登録できない原因

ブラウザからYouTubeプレミアムに登録する際に直面する問題はいくつかありますが、特に一般的なものとして「YouTubeアプリの自動起動」と「セキュリティソフトウェアによる制限」が挙げられます。

YouTubeアプリを開いている

多くのスマートフォンでは、YouTubeのリンクをタップすると自動的にYouTubeアプリが起動します。

この自動リダイレクト機能が原因で、ブラウザを通じたプレミアム登録が意図せず妨げられることがあります。

具体的な問題点と対策は、YouTubeをブラウザで開く方法を参照ください。

セキュリティソフトウェアの影響

セキュリティソフトウェアは不正アクセスやマルウェアから保護するために重要ですが、設定によっては正常なウェブページの機能を妨げることがあります。

特に、オンラインでの支払いや登録プロセスをセキュリティソフトウェアが誤ってブロックすることがあります。

  • 通信のブロック: ウェブサイトとのセキュアな通信を誤って危険と判断し、データの送受信をブロックすることがあります。
  • ポップアップの制限: セキュリティソフトウェアがポップアップをブロックする設定になっていると、登録やログインのための新しいウィンドウが開けないことがあります。
  • 対策: セキュリティ設定を一時的に調整するか、信頼できるサイトとしてYouTubeをリストに追加することが推奨されます。

目次に戻る

iPhoneでYouTubeをブラウザで開く方法

iPhoneでYouTubeをブラウザでYouTubeを開く手順は、以下のとおり。

STEP

ブラウザアプリを開く

iPhoneのWebブラウザアプリ(Safari、Chromeなど)を開きます。

STEP

YouTubeをブラウザで開く

下のボタンリンクを長押しして「新しいタブで開く」を選択すると、ブラウザでYouTubeが開きます。

目次に戻る

まとめ

YouTubeプレミアムをブラウザから登録できない場合の原因と解決方法について詳しく解説しました。

この問題を回避するためには、ブラウザから直接YouTubeにアクセスする方法を試すことが効果的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次