MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグの開幕は2月23日視聴方法はこちら

【テレビ業界の闇】日本のメディアで『外タレ』を採用する3つの理由

当ページのリンクには広告が含まれています。

日本のテレビ業界において、外国人タレント(外タレ)がどのような役割を果たしているのか、その背後にある理由や業界の状況について詳しく解説します。

外タレがなぜテレビ局に採用されるのか、そのメリットとデメリットは何か、そしてこの現象が日本のメディア文化に与える影響について、本記事で徹底的に探ります。

タップできる目次

外タレとは|外国人タレントの略

外タレとは、外国人タレント(Foreign Talent)の略称であり、日本のメディアやエンターテイメント業界で活躍する外国出身の人々を指します。

この言葉は、日本で特に多く使われていますが、その背後には多くの側面と歴史があります。

外タレの由来・語源

外タレという言葉は、英語の「foreign talent」を直訳したものです。”foreign” は「外国の」、”talent” は「才能」を意味します。

この言葉が日本で使われ始めたのは、1980年代からで、特にバブル経済の時代には多くの外国人タレントがメディアで取り上げられました。

外タレの歴史と変遷

日本では、1980年代にバブル経済が起こると、外国文化や商品が急速に流入しました。

その中で、外国人タレントも多く登場し、テレビ番組やCMで活躍しました。しかし、バブル崩壊後はその数が減少しました。

外タレの特徴

外タレは、日本の文化や言語に通じている場合が多く、その多様性が受け入れられています。

特に、日本語を流暢に話せる外タレは、日本の視聴者から高い評価を受けています。

外タレの活動範囲

外タレは、テレビ番組やCMはもちろん、YouTubeやSNSでの活動も多く見られます。

特に、インターネットの普及によって、外タレが自らのチャンネルを持つことで、より多くのファンを獲得しています。

目次に戻る

外タレの種類

外国人タレント、通称「外タレ」は、日本のエンターテイメント業界で多様な形で活躍しています。以下に、その主な種類と特徴を詳しく説明します。

芸能人

外国出身の芸能人は、日本のテレビドラマ、映画、舞台などで活躍しています。

俳優・女優

外国出身でありながら、日本語が堪能で、日本の演技スタイルにも適応している俳優や女優がいます。彼らは多くの場合、日本の文化や習慣に深い理解を持っています。

モデル

ファッション業界でも外タレは多く見られます。特に、国際的なファッションショーで活躍するモデルもいます。

ダンサー

日本の音楽シーンや舞台で活躍する外国出身のダンサーもいます。彼らは日本独自のダンススタイルにも挑戦しています。

コメディアン

日本のお笑い文化は独特であり、その中で活躍する外国出身のコメディアンも少なくありません。

マンザイ師

日本独特の「マンザイ」スタイルに挑戦する外国出身のコメディアンもいます。日本語のニュアンスや文化を理解しているため、日本人と変わらないレベルで笑いを提供しています。

お笑い芸人

多様なスタイルのユーモアを提供する芸人もいます。彼らは自国のユーモアを取り入れつつ、日本人の笑いのセンスにも合わせています。

専門家

テレビ番組やセミナーで専門的な知識を提供する外タレもいます。

経済評論家

国際経済に精通した外国出身の評論家は、テレビ番組でよく見かけます。彼らは独自の視点で日本の経済状況を分析しています。

シェフ

料理番組で活躍する外国出身のシェフもいます。彼らは自国の料理文化を日本に紹介しつつ、日本の食文化にも敬意を持っています。

アーティスト

音楽や美術など、芸術の世界で活躍する外タレも多くいます。

歌手

特にK-POPアイドルや西洋のポップスターは、日本で大きな人気を博しています。

画家・彫刻家

日本の美術界でも、外国出身の画家や彫刻家が評価されています。彼らは日本独自の美術スタイルに影響を受けつつ、自国のスタイルも取り入れています。

目次に戻る

外タレをテレビ局が採用する理由

テレビ局が外タレを採用する背後には、多くの戦略的な理由があります。視聴率、多様性、コスト削減など、いくつかの要素が組み合わさっています。

多様性の追求

日本が国際化していく中で、多様性はますます重要なテーマとなっています。外タレはその多様性を象徴する存在であり、彼らを採用することで、テレビ局は多様な視点や文化を取り入れることができます。

グローバル視点の導入

外タレは多くの場合、異文化の背景を持っています。そのため、彼らは日本人にはないグローバルな視点を提供することができます。

マイノリティの代弁

外タレがテレビに出演することで、多様なバックグラウンドを持つ視聴者に対しても訴求力を持つ内容を提供することが可能です。

視聴率向上

外タレは新鮮でユニークな存在であり、そのため視聴者の興味を引きます。特に、有名な外タレが出演することで、その番組の視聴率は大きく上がる可能性があります。

トピック提供

外タレが話題になることで、そのテレビ番組自体も話題になりやすく、SNSでの拡散などが期待できます。

異文化の魅力

外国の文化や価値観を紹介することで、視聴者に新しい発見や楽しみを提供することができます。

コスト削減

意外にも、外タレを採用することでコスト削減が図られる場合があります。

出演料の差

一部の外タレは、日本の有名タレントに比べて出演料が安い場合があります。

ニッチな需要の充足

特定の専門知識やスキルを持つ外タレは、そのニッチな需要を満たすことで、大きな出費を抑えることが可能です。

目次に戻る

まとめ

外タレ、すなわち外国人タレントは、日本のテレビ業界やエンターテイメント界で多様な形で存在感を示しています。

彼らが採用される理由も多岐にわたり、その存在は日本のメディア文化に多大な影響を与えています。

グローバル化が進む中で、外タレの活躍の場は今後も拡大していくでしょう。今後も外タレの活躍がどのように変わっていくのか、注目が集まるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次