MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
【5/20〜】全仏オープンテニス視聴方法はこちら

G検定・E資格のデジタル合格認定証『オープンバッジ』ってなに?

当ページのリンクには広告が含まれています。

G検定、E資格の合格者には、2021年10月25日より、デジタル合格認定証「オープンバッジ」が発行されています。

このオープンバッジは、ブロックチェーン技術を活用した改ざん防止機能を備えたデジタル証明書であり、合格者が自身の能力や学習成果を効果的にアピールする手段として使用できます。

タップできる目次

オープンバッジの特長

オープンバッジは、その持ち主が特定のスキルや知識を有していることをデジタル形式で証明するものです。

ここにはいくつかの重要な特長があります。

信頼性の高い証明

オープンバッジはブロックチェーン技術を用いているため、その信頼性は非常に高く、改ざんや偽造が非常に困難です。

これにより、バッジの持ち主が実際に該当の資格やスキルを有していることを、確かな証拠として示すことができます。

オンラインでの共有・公開

取得したオープンバッジは、SNS、Webサイト、ポートフォリオサイトなどに簡単に埋め込むことが可能です。

これにより、自身のスキルや成果を広く公開し、多くの人々にアピールすることができます。

自己PRに役立つ

履歴書や職務経歴書にオープンバッジを掲載することで、具体的な資格や成果を示すことができます。

これは、就職や転職、プロジェクトへの参加申し込み時において有力な自己PRとなり得ます。

学習履歴の管理

オープンバッジウォレットを使用することで、自身の取得したバッジを一元管理し、学習履歴を可視化することが可能です。

これにより、自己の学習経過を振り返りやすくなり、今後の学習計画の立案に役立てることができます。

目次に戻る

オープンバッジの取得方法

G検定、E資格の合格者がオープンバッジを受け取るプロセスは非常にシンプルで、数ステップで完了します。

以下に、オープンバッジの取得方法を詳しく説明し、それぞれのステップを明確にします。

受領通知のメールを確認する

最初のステップとして、JDLA(日本ディープラーニング協会)からの通知メールを受け取ることから始まります。

このメールは、G検定に合格した後に送られてくるものです。

  • メールのタイトル: 通常、「オープンバッジ授与のお知らせ」という件名で送信されます。
  • 内容の確認: メールにはオープンバッジを受け取るためのURLが含まれています。また、その他の指示も記載されているので、詳しく読み進めてください。
  • 迷惑メールフォルダの確認: 万が一、通知メールが迷惑メールフォルダに振り分けられている場合もあるので、チェックしてみてください。

オープンバッジウォレットアカウントの作成

メールに記載されているURLにアクセスした後、オープンバッジウォレットでのアカウント作成が必要です。これは、バッジの管理と公開のためのプラットフォームです。

  • アカウント登録: 登録には通常、メールアドレスと氏名が必要です。これにより、個々の認証とバッジの管理が行われます。
  • パスワード設定: セキュリティを高めるため、強固なパスワードの設定を推奨します。

バッジの受領と活用

アカウントを設定した後、オープンバッジを受領し、その利用を開始することができます。

  • バッジの受け取り: アカウントにログインして、バッジの受け取りを確認し、承認します。
  • バッジの表示と共有: 受け取ったバッジは、LinkedInや個人のウェブサイト、その他のソーシャルメディアプラットフォームで簡単に共有できます。これにより、専門性や成果を広くアピールすることが可能です。

目次に戻る

まとめ

G検定、E資格のオープンバッジは、ブロックチェーン技術を駆使した信頼性高いデジタル認定証です。

このバッジによって、個人は自分のスキルや成果をオンライン上で容易に示すことができ、より多くの職業的機会を掴む手助けとなるでしょう。

さらに、学習履歴の管理が容易になり、自己PRにも有効利用できます。G検定、E資格に合格された方は、ぜひこの機会を活用して、自身の専門性を広くアピールしてみてください。

オープンバッジの詳細については、以下のJDLAの公式サイトもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次