MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグの開幕は2月23日視聴方法はこちら

「魔女の宅急便」の不思議な世界|知られざる裏話と都市伝説を探る

当ページのリンクには広告が含まれています。

「魔女の宅急便」は、宮崎駿監督による日本のアニメーション映画で、その魅力は世界中の人々を惹きつけてやみません。

しかし、その背後には知られざる裏話や都市伝説が存在します。今回は、その深淵に迫ります。

タップできる目次

映画『魔女の宅急便』の裏話

映画「魔女の宅急便」には、一見すると気づかないような裏話が数多く存在します。

ジジの名前の由来

ジジの名前は、主人公のキキが彼を初めて見たときにつけた名前です。しかし、実はこの名前、キキが「ジジ」を「ジジ」と言い間違えたことから来ています。

ジジのデザイン

ジジのデザインは、宮崎駿監督が子供の頃に見たという「黒猫」がヒントになっています。そのため、ジジはどこか神秘的で、人間と自然の間をつなぐ存在として描かれています。

映画の舞台

映画の舞台は、宮崎監督の出身地である東京都の多摩地域がモデルになっています。そのため、映画に登場する風景は、多摩地域の自然豊かな風景を反映しています。

目次に戻る

『魔女の宅急便』の都市伝説

「魔女の宅急便」には、映画の裏話だけでなく、都市伝説も存在します。

都市伝説1:キキとトンボのその後

「魔女の宅急便」は、13歳のキキが一人前の魔女を目指して街へ修行に出る物語です。映画では、キキがトンボを救ってハッピーエンドを迎えますが、原作ではさらにその後が描かれています。なんと、原作ではキキとトンボが結婚し、その後双子の母になるのです。これは都市伝説ではなく、実際の原作の内容です。

都市伝説2:「有名企業」とのコラボ

キキは街の配達人として活躍しますが、そのタイトルから「ある会社名が思い浮かんだ!」という人もいるでしょう。そう、あの「クロネコヤマトの宅急便」で有名な「ヤマト運輸」です。しかし、実は「魔女の宅急便」を映画化した際に、ヤマト運輸から「放送禁止令」が出ていたという都市伝説があります。それでも、作中に黒猫のジジが登場することや、内容についても特に支障はないということでヤマト運輸からOKが出て、映画化が実現したと言われています。

都市伝説3:ジジが言葉を失った理由

作品の中盤で、キキはトンボと一緒に不時着した飛行船を見に行きます。その後、ジジは言葉を喋らなくなってしまいます。その理由については、作中では詳しく触れられていません。都市伝説では、「キキが大人になったから」という説があります。つまり、ジジが言葉を失ったのではなく、キキ自身に何かしらの変化が起きたという推測です。

目次に戻る

まとめ

「魔女の宅急便」は、その裏話と都市伝説を知ることで、さらに深く理解することができます。しかし、それらを信じるかどうかは、視聴者自身の判断に委ねられています。

映画を楽しむための一つの視点として、これらの裏話や都市伝説を知っておくことをおすすめします。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次