MENU
シトヒ
ブロガー
普通の会社員でブログ歴は10年以上。

<趣味・得意分野>
⇨スポーツ観戦:F1、サッカー、野球
⇨テック分野が好物:AI、スマホ、通信
2024 Jリーグの開幕は2月23日視聴方法はこちら

『天空の城ラピュタ』の秘密と謎|裏話と都市伝説を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「天空の城ラピュタ」は、宮崎駿監督による日本のアニメーション映画で、その魅力は世界中の人々を惹きつけてやみません。しかし、その背後には知られざる裏話や都市伝説が存在します。今回は、その深淵に迫ります。

タップできる目次

映画『天空の城ラピュタ』の裏話

映画「天空の城ラピュタ」には、一見すると気づかないような裏話が数多く存在します。

ラピュタの名前の由来

ラピュタの名前は、ジョナサン・スウィフトの風刺小説「ガリバー旅行記」から取られています。この小説に登場するラピュタは、空に浮かぶ島で、科学と数学に優れた住人が住んでいます。

ラピュタのデザイン

ラピュタのデザインは、宮崎駿監督が子供の頃に見たという「空中都市」がヒントになっています。そのため、ラピュタはどこか神秘的で、人間と自然の間をつなぐ存在として描かれています。

映画の舞台

映画の舞台は、宮崎監督の出身地である東京都の多摩地域がモデルになっています。そのため、映画に登場する風景は、多摩地域の自然豊かな風景を反映しています。

目次に戻る

『天空の城ラピュタ』の都市伝説

「天空の城ラピュタ」には、映画の裏話だけでなく、都市伝説も存在します。

滅びた文明説

最も有名な都市伝説の一つが「滅びた文明説」です。この説は、ラピュタがかつて存在した高度な文明の遺跡であり、映画の中でラピュタに辿り着くのは選ばれた人々だけだというものです。

パズーとシータの運命

「パズーとシータの運命」は、もう一つの有名な都市伝説です。この説は、映画の終盤でパズーとシータがラピュタと共に消えてしまい、その後のシーンは彼らの幽霊が見ているものだと主張しています。

スタジオジブリの公式見解

これらの都市伝説について、スタジオジブリは公式に否定しています。映画はあくまで子供たちの冒険を描いたものであり、死や幽霊は描かれていないとのことです。

目次に戻る

まとめ

「天空の城ラピュタ」は、その裏話と都市伝説を知ることで、さらに深く理解することができます。しかし、それらを信じるかどうかは、視聴者自身の判断に委ねられています。

映画を楽しむための一つの視点として、これらの裏話や都市伝説を知っておくことをおすすめします。

目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次